So-net無料ブログ作成
検索選択

言の葉の庭 [Cinema]



- 言の葉の庭 -

相変わらずの背景画の美しさ、凄さだけれど、
人物の表情や動きの硬さも残念ながら相変わらず。
秒速5センチと比べると表現や演出がだいぶ洗練されたような気がするが、
その分、いい意味での厨二感が薄まってしまったようで何か物足りない。
秒速5センチで感じた、眠れなくなるような心のざわつきがない。
この内容なら、90分かけてもっと丁寧にやってもいいんじゃないか、と思う。

フォアボール級。

風立ちぬ [Cinema]



- 風立ちぬ -

技術屋のはしくれとして、2時間ガツンと説教されたような気持ちで背筋が伸びる。
二郎や同僚の仕事に生きる姿勢があまりにまぶしすぎるぜ。
キレイな線を描くじゃないか」の台詞一つで二郎の技術者としてのセンスを語ってしまうあたり、
あまりにスマートで、ほくそ笑んでしまう。

恋愛ものとしての側面については、観ている間は只々美しい物語として捉えていたものの、
見終わったあとに何だか心に引っかかるものあり。
この引っ掛かりについては、あとで岡田斗司夫の解説を聞いたらスッキリ府に落ちた。
美しいものばかり観ようとしていた二郎と同様、
自分自身、この作品の美しいところばかりに目がいっていたんだなぁ、と。

評価が賛否別れているのは大いに理解できる。自分としては賛。
甲子園の右中間を深々とやぶるスリーベース級。夏だし。

Guerilla [Free]

ame1.jpg

でた。ゲリラ豪雨。
今週の火曜、雨のピークと会社からの帰宅時間が丁度一致。
これまで聞いたことのない大きさの雷の音に恐怖しながら、ガス橋を走って渡り家に帰る。
びっしょびしょで家に戻ると、窓が開けっ放し。
パソコンに水がかかっているわ、ソファーが湿っているわで、ほぼ全裸の状態で後始末に追われる。
風邪を引いていないのが奇跡だ。

IMG_9772.jpg

IMG_9777.jpg

IMG_9795.jpg

変な形 [Free]

pic1.jpg

前進してるのに両手が後ろって、大人はこうはならないよな。
目で観た何かに興味を持った瞬間、まず顔がそっちに引っ張られてしまうってことか。

シーコーデーイーの蒸し暑い初夏 [Free]

icing.jpg


いくら草花を愛でようが、やはり腰は痛い。
会社で後ろから「Nハタ!」と呼ばれ、「はいぃ!」と振り返った瞬間にピキーンと。
キタ、ぎっくり腰。西洋で言うところの魔女の一撃。

気温の変化が激しい時期は必ずやってしまう。
対処方法も慣れたもんで、
ダメージを最小限に抑えるべく、今はただひたすらアイシング
これがよく効くのだ。

植物補完計画 2013夏 [Green]

家の植物がワサワサの季節になり、腰は相変わらず痛いが、心は穏やか。
これから暑くなるにつれて、水を切らさないようにするのがまた大変なんだな、これが。
近所の年寄り達の地植えがうらやましい。


IMG_9214.jpg

IMG_9201.jpg

IMG_9217.jpg

IMG_9225.jpg

IMG_9228.jpg

IMG_9229.jpg

IMG_9234.jpg

IMG_9266.jpg

IMG_9269.jpg

IMG_9270.jpg

IMG_9278.jpg

西口の牽制 [Sports]

PS3のプロ野球スピリッツにハマっている。
本物クリソツのサワムラやスガノを思い通りに操れる喜びに、ひとりニヤニヤしているのである。
最初はパワプロと比べて違和感があった操作にもだいぶ慣れて来たので、
近頃はオンライン対戦で腕を磨いている。

先日もオンラインで西武と対戦。相手の先発は"しなり"の西口先輩。
初回のこちらの攻撃は先頭打者の松本
その初級、内側へ鋭く曲がるスライダーが身体に当たり、デッドボール。
ノーアウトランナー一塁で、こちらは送りバントの用意。
相手は一塁ランナーを警戒して、一球に牽制球を送る。
一呼吸置いて送りバントの構えで投球を待つと、再び一塁へ牽制球。
なかなか慎重なヤツだ。
気を取り直して、さぁここから勝負。すると、3度目の牽制。
ん?何かおかしい。
その後…4度目の牽制。間髪入れずに5度目の牽制。

ははぁ、なんとなく相手の意図が分かってきた。
…6度目、そして7度目の牽制。
このオンライン対戦にはギブアップ機能が用意されている。
通常は大量点をとられたときなどに使用するのだが、
この西口さん、延々と牽制球を投げ続けて、
こちらが愛想を尽かしてギブアップ負けを宣言するのを待とうって魂胆のようだ。
そして8度目、9度目の牽制。これは酷い。
全くもってありがたくない、牽制球のエンドレスエイト。

こうなるとこっちにも意地がある。死んでもギブアップしてやるものかと、
15球目、16球目の牽制球を放置。

その後、牽制が30球近く(いかれてる)に到達した頃だろうか。
突然試合画面がプツンと途切れて、「迷惑行為により勝利」の文字。
…あ、勝った。
コナミとしては想定内ってところか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。