So-net無料ブログ作成
検索選択

"気持ち悪い"の逆襲 [Free]

"気持ち悪い"がゆえに"気持ち良い"コト(もの)がある。
はじめの印象は「うわぁ、気持ちが悪い」なのに、
慣れてくるに従い、「あれ、なんか気持ち良いのでは?」に変わる。
このような感覚の逆転が起こったときの心の揺さぶられ方は半端じゃない。
気がつくと、気持ち悪かったはずのものの虜。完全なる中毒に陥る。

「気持ち良いものは気持ち良いもの。」
「気持ち悪いものも気持ち良いもの。」
何でもかんでも気持ち良いことが大好きな人間の本能から生まれる思考、感性なんだろうか。
実に都合良くできているものだ。
しかしながら、気持ち悪いのに気持良くあるためには、
一流の気持ち悪さでなくてはいけない。
二流、三流の気持ち悪さの場合、「ただ単に気持ち悪い」で終わることが多い。

天下一品のラーメン。
エアマックス95のデザイン
湿布を水に浸したときのブヨブヨ。
山本昌の投球フォーム
これらはまさに一流の気持ち悪さ。突き抜けている。
そういえば毎朝会社のトイレで「おごぇ」と大声で嘔吐(えづ)いているおじさんも、
気持ち悪いはずなのに気持ち良くなってしまっている人なのだろう。

気持ち悪いのに気持ち良くなるための最も手っ取り早い方法は、
プログレッシブロックを聴くことだ。
ヘッドフォンで気持ち悪いプログレを聴きながら、思い切り「おごぇ」と嘔吐けばよいのだ。
そんな中、ピンクフロイドの「Shine On You Crazy Diamond」は、
純粋かつ素直に気持ちが良いサビが印象的な曲。
この気持ち良いサビが聴きたくて、会社へ向かう途中にこの曲を再生したのだが、
なかなかサビに到達しない。
そういえば、この曲のサビは8分半過ぎにやってくることを思い出した。
アルバムの一曲目にして、この突き抜け方は、さすがフロイド。超一流。
とうとうサビにたどり着く前に会社へ到着してしまい、単に気持ち悪い思いをした今日の朝であった。







ザ・日記 [Free]

今朝は6時半に目が覚めました。
とても寒い朝だったので、布団から出るのがとても億劫でした。
いつもと同じように身支度をして、
いつもと同じようにA介を保育園に送り届けた後で、会社に行きました。

仕事中、向いの席に座っているおじさんが、ずっと「また君に恋してる」の鼻歌を歌っていました。
キーの高さから察するに、坂本冬美ではなく、ビリー・バンバンの方だったと思われます。
とてもうるさくて、鬱陶しかったです。

昼ごはんは、一人ぼっち焼きそばを食べました。
セブンイレブンのパック焼きそばは、温めなくても美味しく食べられるので、
お昼によく食べています。
一昨日も同じものを食べました。

会社から家へ帰る途中、ガス橋の歩道にカップ焼きそばの容器が落ちていました。
どうして橋の真ん中でカップ焼きそばを食べる必要があるのでしょうか。
湯切りは橋の上から多摩川へ向かってやったのでしょうか。

今日は何だか焼きそばに縁がある日でした。
おしまい。

IMG_9963.jpg



New Year [Free]

2011.jpg

昨年末、ようやく東京から青森まで新幹線が繋がった。
これは青森県民にとって、長年の悲願であった。
小学生のころ、担任の先生が、
「もう2〜3年もすれば青森に新幹線が開通する」
「10年経たないうちに函館まで新幹線で行けるようになる」
などと僕らに語っていたのを思い出すが、
あれから20年も経った今、ようやっと青森まで繋がったというのが現実である。

地方にとっては、どのようにして中央と繋がることができるか、
中央とのヒト、モノの流通をいかにして確保できるか、
というのがこれまでの重要課題だったはずだが、
ここから先、実際に地方にヒトを招き入れることは本当に難しい。
特産品はネットで買えてしまうし、
非日常の空間を味わいたいなら、誰もが気軽に海外へ出てしまう。
志保の実家の宮崎帰省し、さびれた植物園や海沿いのドライブインなど、
かつて新婚旅行のメッカだった面影を目にする度、
今の日本で"観光地"という立場をキープすることの困難さを実感させられる。

地方が元気になるためには、何をすべきか。何ができるのか。
行政から商店街、個人レベルまで、様々な意見があるし、議論はつきない。
僕自身、就職先を中央(カミ)に求めた人間としても、
無責任かもしれないが、外から地元を見ている立場から思うことも沢山あるのだ。
ここにはとてもじゃないが書ききれない。

今年は僕個人や家族、ひいては日本にとってどのような一年になるのだろう。
まずは一年間しっかりと働けるように、何よりも健康管理に勤めよう。
みなさん、一年間よろしくお願いします。

IMG_2015_2.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。